« 抹茶黒豆玄米茶 | トップページ | 新宿ランチ奇稿(その2) »

2004.03.25

新宿ランチ奇稿(その1)

なんの因果か事務所が変わって、ただいま、新宿に勤めております。
今までは、慣れ親しんだ横浜の片田舎だったので、ランチに出歩くこともなかったのですが、
せっかくTOKYOに通うことになったので、堪能しようと、毎週ランチに出かけることにしました。

その最初は、「RISTORANTE UNO」。
1000円のパスタランチ(サヤインゲンと挽肉のパスタをチョイス)でしたが、ふ~む。
三角ビルの上の方にある裏寂れたレストラン街にあり、確かに景色はいいのだが、昭和50年代のままの感じで
なんとも寂しい限り。パスタも、評価するほどのこともなく、うちでも同じものが作れるかな。
まぁ、コーヒーとパンが付いてこの値段は致し方ないか。
一つおもしろかったのは、パンに付いてくる豚肉のパテ。バターや、オリーブオイルの代わりのようだが、これをバゲットにつけて食べると、いい感じでした。
でも、もういかないかな^^;

|

« 抹茶黒豆玄米茶 | トップページ | 新宿ランチ奇稿(その2) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

新宿ランチ奇稿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2913/350247

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿ランチ奇稿(その1):

« 抹茶黒豆玄米茶 | トップページ | 新宿ランチ奇稿(その2) »