« 大崎ランチ奇稿(その2) | トップページ | 大崎ランチ奇稿(その4) »

2005.03.15

大崎ランチ奇稿(その3)

昨年入って良かったランチ処を紹介。「カフェ ハイチ」。昨年もゲートシティーをうろうろしていたわけだが、メニューもよくわからないし、どこから何処までかお店のテリトリーかがよくわからない店があった。それが、「カフェ ハイチ」。まぁ、何とかなるだろうとおもむろに席に腰掛け、辺りを物色。みんなカレーを食べている。カレー屋さんなのね。もう少し店を見渡すとドライカレーのうんちくがたくさん書いてある。ふ~む。ここでドライカレーを食べねばもぐりとみなされると思い、思い切って「ドライカレー」を頼んだ。ハイチコーヒーがもれなく付いてくる。それほどドライなカレーでは無かったが、それなりにいけるお味でした。値段も、893円と微妙な値段で、コーヒー付きなので、よろしいかと思いました。新宿が本店のようだが、結局いけなかった、残念。今度新宿に行くことがあったら、また捜してみようっと。

|

« 大崎ランチ奇稿(その2) | トップページ | 大崎ランチ奇稿(その4) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2913/3311676

この記事へのトラックバック一覧です: 大崎ランチ奇稿(その3):

» 不思議すぎるバナナプリン~カフェ・ハイチ~ [寄雛庵菓子日記(きすうあんかしにっき)~気軽においしく楽しく~]
ものすごーーーい不思議なものを食べて、ちょっと興奮気味のおさかなです。 ほんとに不思議すぎるほど不思議な一品。今までにない味わいの品をご紹介。 カフェ・ハイチのバナナプリンです。 ハイチという、独特の文化がある国の料理が食べれる、カフェ・ハイチ。 キーマ... [続きを読む]

受信: 2005.08.19 07:52

« 大崎ランチ奇稿(その2) | トップページ | 大崎ランチ奇稿(その4) »