« おいしい物は、心を豊かにする。 | トップページ | 品川ランチ奇稿(その2) »

2005.06.09

品川ランチ奇稿(その1)

今週は、品川にお勉強をしに来ている。
しか~し、折角の出張なのだから、ここで美味しいものを食べないわけにはいかない。
そこ~で、まずは手始めに、品川アトレの正面玄関、「NEW YORK GRAND KITCHEN」。見た目は、おしゃれだが、入っている客層は会社員やOLが大半。ランチは、900円からと、ちょっと御高めだが、品川価格と思えば、こんなものか。店員もてきぱきしているし、店の雰囲気は悪くない。 本日食べたのは、クラムチャウダーのスープランチ。デリが2品とサラダ、丸いフランスパンをくり抜いた中に、クラムチャウダースープを入れたものが、一つの皿に盛られて、903円也。クラムチャウダーは、それほどあさり臭くなかったのが、かえって物足りないが、熱々のパンだったのは、好感触。最初は物足りないかもと思ったが、ニンジンとクルミのサラダ、リングイネのサラダパスタで、十分おなかいっぱいになった。サラリーマンのランチとしては、少し高い気もするが、店の雰囲気と合わせて、70点といったところか。

|

« おいしい物は、心を豊かにする。 | トップページ | 品川ランチ奇稿(その2) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

品川ランチ奇稿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2913/4488587

この記事へのトラックバック一覧です: 品川ランチ奇稿(その1):

« おいしい物は、心を豊かにする。 | トップページ | 品川ランチ奇稿(その2) »