« 羽田空港第二ターミナル | トップページ | 品川ランチ奇稿(その5) »

2005.08.10

品川ランチ奇稿(その4)

 本日のランチは、「揖保乃糸 庵 品川店」。以前、品川のランチどころを探していたときに揖保の糸の名前にひかれて、来てみったかったのが、やっと実現した。季節も夏だし、これは、時候もぴったり。
 本日食べたのは、『味わい素麺』 。生のり風味、くるみ風味、梅風味の三種類のつゆで頂く素麺である。なぜだか、香の物とご飯が付いていたが、???。旨いものが好きなくせに味音痴の僕には、「特級品ひね物という最高級品を使用したそうめん」というのが良くわからなかったが、それなりに良いのだろう。くるみ風味はこってりしていて、麺にのりすぎ、素麺にはどうかと思うが、生のりも梅もさっぱりとして、それでいてだしの味がしっかりしている。900円は、ちょっと高い気もしたが、たまに素麺だけを食べに行くのなら良いかも。ちなみに、素麺のみだと600円。
 ただし、残念なことに、オフィースが寒い上に、店の中も冷えていて、冷たい素麺を食べていたのは、僕だけのようだった^^;;;

|

« 羽田空港第二ターミナル | トップページ | 品川ランチ奇稿(その5) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

品川ランチ奇稿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2913/5395960

この記事へのトラックバック一覧です: 品川ランチ奇稿(その4):

« 羽田空港第二ターミナル | トップページ | 品川ランチ奇稿(その5) »