« 沢田研二の「カサブランカ・ダンディ」 | トップページ | Lightweight Language Future »

2008.07.15

北海道名物

前にも書きましたが、先週、北海道に行ってきました。
同僚におみやげは何がいいかと聞いたところ、「じゃがポックル」が欲しいとのこと。
「じゃがポックル」?
今まで聞いたことがない音に、聞き直したけど、そんなものがあるらしい。
少し調べると、カルビーのスナック菓子で、生のじゃがいもをスティック状にしてそのままフライしているらしい。かなりの人気商品で、売り切れのこともあるそう。そして、新千歳空港の売店も、1カ所でしか売っていない様子(後に、これは間違っていたことが判明)。
行きに時間があれば寄りたかったのだが、飛行機が遅れて、打ち合わせに遅れそうだったので、帰りに「かける」ことに。
帰りは、少し余裕があって、空港内を見て回った。花畑牧場の生キャラメルは人気で、花畑牧場コーナー(アイスを売っているクーラーの扉のないものを想像してください)が、各所にあるのだが、生キャラメルは品切れ。関連商品が置いてあるだけ。また、5時に入荷しますとあるコーナーでは、人が列をなして待っている。でも、その列に並ぶと帰れなくなるので、今回は見送る。さて、問題のじゃがポックルだが、AirDO前の売店にあることの情報を元に探しに行ったけど、置いていない。店員さんに聞くと「売り切れ」とのこと。残念。
仕方がないので、定番のマルセイ・バターサンド、生キャラメルの代わりに生キャラメル クリーム。それと花畑牧場のではなく、牧家カチョカヴァロを買って帰った。
パートナーは、マルセイ・バターサンドがお気に入りなので、おみやげに文句はなく。同僚も、許してくれた様子。まぁ、会社の打ち合わせに行ったついでなので、そんなにうまくはいかないね。

|

« 沢田研二の「カサブランカ・ダンディ」 | トップページ | Lightweight Language Future »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2913/41846891

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道名物:

« 沢田研二の「カサブランカ・ダンディ」 | トップページ | Lightweight Language Future »