« 散り際の桜 | トップページ | ホエール・ウォッチング »

2010.04.22

ロスト・シンボル

ロスト・シンボル 上ロスト・シンボル 」ダン・ブラウン (著)
ダ・ヴィンチ・コード」、「天使と悪魔」で活躍したラングドン教授(映画では、トム・ハンクスが演じていた)が、活躍するシリーズの第三弾。ダン・ブラウンの作品は、その謎解きもさることながら、「24 -TWENTY FOUR」の様にスピーディーなストーリー展開がおもしろい。今回の舞台は、アメリカ、ワシントン。Freemasonを主題にした物語だ。
ここのところはまっているライトノベル「とある魔術の禁書目録(インデックス)」。この中でも出てくるアレイスター・クロウリー、彼が実在の人物とは思わなかった。こんなところでも、オカルト(魔術の世界)はつながっている。
さて、当然これも映画化されるらしい。トム・ハンクスの髪の毛が、それまで持てばいいのだが。
今日のワークアウト、33分51秒・・・5.05Km。
BGMは、ARTISAN」山下達郎 。

|

« 散り際の桜 | トップページ | ホエール・ウォッチング »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロスト・シンボル:

« 散り際の桜 | トップページ | ホエール・ウォッチング »